11月5日(火)「CXフォーラム2018」開催! 弊社・東洋経済新報社との共催

【ありがとうございました】

2018年11月5日(火)「CXフォーラム2018」開催!
共催:株式会社ラーニングイット+東洋経済新報社

今年で3回目を迎える「CXフォーラム2018」を来る11/5月に開催いたします。今回はCX実践の第一人者、「顧客体験の教科書」の著者でもあるジョン・グッドマン氏を含め、海外の有力企業からも来日・登壇。国内からは、複数業界のエグゼクティブ自ら、多彩なCXの取り組み事例を紹介します。CXをテーマに、朝から夕方の懇親会までの充実した一日をお過ごし下さい。

<タイトル>

「CX戦略」強化における経営の役割

概要
タイトル 【終了しました】「CXフォーラム2018」開催!(11/5月 弊社・東洋経済新報社との共催)
参加対象者 経営層、経営幹部をはじめ、カスタマー部門、コールセンター部門、マーケティング部門、 サービス部門の部門長、部・課長、マネジメント責任者など
講師/スピーカー ■Opening Speech

「CXが働き方を変える」

 CCMC(Customer Care Measurement and Consulting)

 バイス・チェアマン John A. Goodman 氏

■Global Keynote

「Leading the change to Customer Centric」

 ‐ 顧客中心経営」へのシフトをいかに生み出すか ‐

 Keystone Region of Comcast

 Vice President of Care Lynn Holmgren 氏

■特別講演

◇「挑戦魂(チャレンジスピリット)!

 グローバルで一気通貫したCX戦略によるビジネス革新」

 マツダ株式会社

 カスタマーサービス本部 副本部長 村上 浩 氏

◇「最高のサービスをお届けするために」

  ~全ては“仮説力”~

 アコム株式会社

 代表取締役副社長 人事部・システム統轄部担当、イノベーション企画特命担当

 木下 政孝 氏

◇「Peach 流”逆張り”の顧客体験価値改善プロジェクト」

 ~「足し算」ではなく「引き算」で考える顧客満足度~

 Peach Aviation 株式会社

 取締役副社長 兼 COO 森 健明 氏

■ディスカッション

 「CX戦略」強化における経営の役割とは?

 特別講演ご登壇の皆様にご登壇をいただきます。

開催日時 11月5日(月)10:00~19:30(9:30 受付開始)
参加費 早期申し込み:10,800円(税込)10月24日(水)18:00までのお申し込み

一般申し込み:21,600円(税込)11月2日(月)15:00までのお申し込み

定員 300名
場所 丸ビル ホール&コンファレンススクエア ホール

東京都千代田区丸の内2-4-1

運営 株式会社ラーニングイット+東洋経済新報社
講師陣/スピーカー
タイムテーブル・その他

      講師陣/演題など詳細は下記をご覧いただき、お申し込み下さい。
                  ↓

利用規約

  1. 受講料
    受講日1週間前までに弊社指定の口座にお振込みをお願い致します。
    例外については事務局(info@learningit.jp)にお問い合わせください。
  2. お申し込み後のキャンセル
    開催日15日前までのキャンセルについては100%返金致します。
    開催日15日前以降のキャンセルについては、100%料金を申し受けます。
    尚、返金についての振込手数料はお客様にご負担いただきます。
  3. 欠席
    セミナーに参加することなくセミナー資料のみお渡しすることはできません。
  4. セミナーの中止
    火災、停電等・悪天候、地震、噴火、洪水、津波等の天災等・戦争、動乱、暴動、労働争議等、疫病、インフルエンザ等・講師の急な事故、病気等の事由により、休 講、セミナーの中断または講師の変更を行う場合があります。
  5. プログラムの著作権について
    当社が提供するプログラムの一切の権利、教育、訓練及びコンサルティングに関する権利は株式会社ラーニングイットもしくはCCMCが有しています。
    当社の許可なく、CCMC, John Goodman School of Customer Experience, ラーニングイットの名称を使用すること、そのセミナーを開催すること、セミナーを録音、静止画・動画を撮影すること、また資料をセミナー等の目的で使用、複製し頒布、改編すること、セミナー内容および配布された資料が記載されたホームページの記載を書籍等の出版物・WEBサイト・SNS・頒布を目的とした書面等に転載すること、関連資料を作成、頒布し、当社ホームページを複製し改編することは著作権を侵害することになります。