【終了しました】<1/22火(2019米国事情編)>第6回CXイブニングセミナー

今回で6回目を数える「CXイブニングセミナー」では、今年11月、昨年に引き続き実施された「第2回米国CXツアー」(ジョン・グッドマン氏企画および随行)の様子を詳しくお伝えします。昨年の「第1回米国CXツアー」でご紹介した各社とは、勝るとも劣らない実践事例をご紹介します。
「CX元年」を迎え、日米の背景の違いや、リアルタイムで進行する「顧客戦略」をめぐっての共通課題など、「気づきが満載」の米国CX先進企業の最新事情です。どうぞ奮ってご参加下さい。

《本イブニングセミナーの特徴》
1)お仕事帰りに気軽に寄れる、普段着の少人数プチセミナーです(軽食付き)
2)CXに関する質問は何でも、随時受け付けます
3)CCMC社・ジョン・グッドマンのパートナーであり、国内随一の実装経験を持つ弊社・代表の畑中伸介自ら進行を務めます
4)CXに関心があり、これから取り組もうとする皆さんの交流の場でもあります

概要

タイトル 【終了しました】<1/22火(2019米国事情編)>第6回CXイブニングセミナー
参加対象者 CXについて興味関心をお持ちの方、CX担当者(CS推進、お客様相談室、マーケティング等)、カスタマーサービスの責任者、ロイヤルティ強化の施策を立案・実行したい方など。
講師/スピーカー 畑中 伸介(株式会社ラーニングイット 代表取締役)
開催日時 2019年1月22日(火)
18:30(開場18:00)~20:30
参加費 各回3,000円(税込) ※軽食付き
 ※お支払いは現地にて(領収書発行)
 ※お名刺を2枚ご用意下さい
定員 20名になり次第締め切らせていただきます。
場所 nagaya南青山・セミナー室
 〒107-0062 東京都港区南青山4-17-33グランカーサ南青山2階
(表参道駅から徒歩10分/地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線)
運営 株式会社ラーニングイット(Center for CXフォーラム内)

講師陣/スピーカー

畑中 伸介(株式会社ラーニングイット 代表取締役)

1957年生まれ。関西外国語大学卒。1985年Idea Link Japan, Inc.を設立(Los Angeles)  滞米16年を経て、1998年に株式会社プロシードのCOPC事業部を設立。コンタクトセンターのパフォーマンス標準の実践と普及に尽力した。現在、株式会社ラーニングイット代表取締役社長。著作に、「顧客体験の教科書」(グッドマン訳書、2016年、東洋経済新報社刊)、 「グッドマンの法則に見る~苦情をCSに変える戦略的カスタマーサービス」(グッドマン訳書、2013年、リックテレコム刊) 、共著に「コールセンターマネジメント」(生産性出版)、「コールセンターの改善手法COPC入門」(日本能率協会マネジメントセンター)など

タイムテーブル・その他

18:00
 開場
18:30
 開始
 米国CX視察事情
20:00
 質疑応答
 名刺交換・懇談
20:30
 終了

お申込みはこちら

利用規約

  1. 受講料
    受講日1週間前までに弊社指定の口座にお振込みをお願い致します。
    例外については事務局(info@learningit.jp)にお問い合わせください。
  2. お申し込み後のキャンセル
    開催日15日前までのキャンセルについては100%返金致します。
    開催日15日前以降のキャンセルについては、100%料金を申し受けます。
    尚、返金についての振込手数料はお客様にご負担いただきます。
  3. 欠席
    セミナーに参加することなくセミナー資料のみお渡しすることはできません。
  4. セミナーの中止
    火災、停電等・悪天候、地震、噴火、洪水、津波等の天災等・戦争、動乱、暴動、労働争議等、疫病、インフルエンザ等・講師の急な事故、病気等の事由により、休 講、セミナーの中断または講師の変更を行う場合があります。
  5. プログラムの著作権について
    当社が提供するプログラムの一切の権利、教育、訓練及びコンサルティングに関する権利は株式会社ラーニングイットもしくはCCMCが有しています。
    当社の許可なく、CCMC, John Goodman School of Customer Experience, ラーニングイットの名称を使用すること、そのセミナーを開催すること、セミナーを録音、静止画・動画を撮影すること、また資料をセミナー等の目的で使用、複製し頒布、改編すること、セミナー内容および配布された資料が記載されたホームページの記載を書籍等の出版物・WEBサイト・SNS・頒布を目的とした書面等に転載すること、関連資料を作成、頒布し、当社ホームページを複製し改編することは著作権を侵害することになります。